メインイメージ

外部リンク

ホームページ制作では外部リンクに注意をする必要がある

ホームページ制作は、単純にWEB上にサイトを開設することができればそれで完成というわけではありません。
外部リンクなどを利用してホームページの検索順位の対策を行なって初めて完成と言えるのです。そもそも、ホームページ制作に関しては内部対策と外部対策の二つが大切になります。ホームページ制作の内部対策に関しては言うまでもなく、HTMLなどを利用したサイト内部のソースの組み立てが大切になります。

そして、ホームページ制作に関する外部対策と言うのが外部リンクなのです。具体的には、被リンクというモノを利用します。
被リンク獲得と言うのは検索エンジン最適化に必須の手段なのですが、これをきちんとしておくとホームページ制作をした後のサイトの掲載順位をかなりの上位にまで持っていくことができるようになります。そもそも、なぜ外部のリンクがホームページ制作に影響を与えるのでしょうか。

これは非常に単純な理由で、外部のサイトも自身が作るサイトも全てソースを参考に検索エンジンの掲載順位が決定されることになるからです。ホームページでコンテンツなどを作成していくときにはタグを利用することになるのですが、実はこのタグは検索エンジにに対して唯一サイトの情報を発信することができる内部的な手段なのです。

サイトのソースにこのタグをわかるように組み立てておくと、検索エンジンはこのタグ内の情報をきちんと読み込んで高い評価をしてくれるようになります。

そのため、ホームページ制作の時にはHTMLの知識が不可欠になるのです。
実は、これは外部リンクも全く同じです。例えば、被リンクのように外部から自身のサイトに対してリンクが張られているような状態の時には、第三者のサイトに自身のURLが存在していることになります。

では、このURLは検索エンジンにとってどこの部分に当たるのかと言うと、張られているサイトのコンテンツの一部に当たると見なされているのです。外部リンクが外部のサイトに存在しているときには、自身のサイトの評価は相手サイトのコンテンツの一部として評価されることになりますので、ソース内のタグにその情報がきちんと存在しているとホームページの評価もきちんと上昇することになっているわけです。

このように、ホームページ制作をするときにはきちんとどのような構造や仕組みによって検索エンジンからの評価が向上するのかを理解しておく必要があります。そうすることで、効率の良いホームページを作ることができるのです。

最近の投稿